Montjeu(モンジュー)系種牡馬の現状

投稿者: | 2019年10月3日


 

アイルランド産もフランスで大活躍したモンジュー

いよいよ今年も凱旋門賞が近づいてきましたが、血統を中心に出走予定馬を見ているとやはりガリレオ産駒やその血をひく種牡馬が中心となっているのが現状です。

これは凱旋門賞に限ったわけではなくヨーロッパ全体の傾向ではありますが、ふとイギリスダービーをガリレオ産駒がどれぐらい勝っているのか調べてみたところ、思いのほか名前が出てきたのがモンジュー(Montjeu)です。

モンジューと言えば凱旋門賞馬でもあり、スペシャルウィークが勝った1999年のジャパンカップにも来日(四着)しているので、日本にもなじみの多い種牡馬だと思うのですが、イメージとしてはフランスの馬ですよね。

実際のことろモンジュー自体はアイルランドで生産された馬なんですが、フランスで自身が走っていたり産駒もフランスで大活躍しています。

ガリレオ産駒に対抗する地元フランスの有力馬は大体がモンジューの血を引いていたりするのですが、実際のところモンジューの系統がヨーロッパの競馬界ではどういった立ち位置なのか調べてみることにしました。

 

スポンサーリンク


 

 

Montjeuの血統

1996年 アイルランド産

Sadler’s Wells
1981 鹿毛

父の父

Northern Dancer
1961 鹿毛

Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
父の母

Fairy Bridge
1975 鹿毛

Bold Reason Hail to Reason
Lalun
Special Forli
Thong

Floripedes
1985 鹿毛

母の父

Top Ville
1976 鹿毛

High Top Derring-Do
Camanae
Sega Ville Charlottesville
La Sega
母の母

Toute Cy
1979 鹿毛

Tennyson Val de Loir
Tidra
Adele Toumignon *ゼダーン
Alvorada

父サドラーズウェルズは八十年代から九十年代にかけてヨーロッパで君臨した大種牡馬で、産駒は中長距離を中心に大レースで多くの活躍馬を送り出しました。

日本向きのスピードには欠けますが、大舞台での勝負強さとスタミナを武器としています。

全弟のフェアリーキングはより短い距離を中心として種牡馬として成功しており、近親のヌレイエフも大成功しており母系も超一流でした。

母系は姉の子に愛1000ギニー馬のアゲイン(Again)や近親にジャパンカップで三着に入ったディアドクター(Dear Doctor)などがおり、潜在的にスピードのある牝系のようです。

母の父であるトップヴィル(Top Ville)は短距離を中心に活躍した競走馬でしたが、種牡馬としてはあまり目立った活躍馬を送り出せず、母の父としてサドラーズウェルズと好相性を見せた程度のダンテ系の種牡馬となります。

ダンテ系と言えば現在母系に残るぐらいであり、日本でもトロットサンダーが出たぐらいですね。

母の母の父はブランフォード系の種牡馬となりますが、全体的にかなり異系色の強い配合となります。

競走成績

16戦11勝(11-2-0-3)

二歳時:2戦2勝
三歳時:7戦5勝 主な勝ち鞍・・・凱旋門賞、愛ダービー、仏ダービー ※ジャパンカップは4着
四歳時:7戦4勝 主な勝ち鞍・・・キングジョージ六世&クイーンエリザベスSなどGⅠ三勝 ※凱旋門賞は4着

※馬齢は現在のものに合わせています

代表産駒や後継種牡馬

Hurricane Run(ハリケーンラン)

母の父:Surumu 生年:2002年-2016年

2005年の凱旋門賞馬でモンジューの初年度産駒。

この年は愛ダービー馬も制しており、この年の英ダービー馬モティヴェイター(Motivator)もモンジュー産駒。

通算14戦8勝で凱旋門賞をはじめとしてGⅠを4勝しています。

なお2006年の凱旋門賞では3着に入っていますが、ディープインパクトの失格による繰り上がりであり、事実上はディープインパクトに敗れています。

一流の成績を残しアイルランドで種牡馬入りしていますが、自身ほどの産駒が出ないまま亡くなっています。

母の父はドイツの名種牡馬ズルムー(Surumu)。

Motivator(モティヴェイター)

母の父:Gone West 生年:2002年

2005年の英ダービー馬で凱旋門賞は5着(三番人気)。通算7戦4勝。

種牡馬入り後はまったくと言っていいほど活躍馬を出せませんでしたが突如2013年と2014年の凱旋門賞を連破したトレヴ(Treve)を出しています。

Authorized(オーソライズド)

母の父:Saumarez(Brushing Groom系) 生年:2004年

2007年の英ダービー馬。凱旋門賞10着(一番人気)。7戦4勝。

母の父ソーマレズ(Saumarez)は1990年の凱旋門賞馬。

イギリスで種牡馬入りしていますが、まだ大物と言える馬がでていませんね。

Pour Moi(プールモア)

母の父:Darshaan(Shirley Heights系) 生年:2008年

2011年の英ダービー馬。通算5戦3勝。

引退後はアイルランドのクールモアで種牡馬入りし、二年目の産駒から英ダービー馬ウイングオブイーグルス(Wing of Eagles)を出し父子制覇を達成しています。

Camelot(キャメロット)

母の父:Kingmambo 生年:2009年

2012年の英・愛ダービー馬であり英2000ギニーも制しているこの年の最優秀3歳牡馬。この年の凱旋門賞は二番人気で挑むものの7着に敗れています。

通算10戦6勝ですが、三歳の秋以降はパッとしなかったイメージです。

ただ初年度産駒が愛ダービーやアメリカのベルモントオークス招待Sを制するなど注目が集まります。

 

※徐々に追記していきます。

スポンサーリンク


Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)