Danzig(ダンジグ)系種牡馬の現状

1990年代の日本競馬界はサンデーサイレンスの登場以前はノーザンテースト、トニービン、ブライアンズタイムなどが頑張っていたものの、外国産馬の能力の高さと存在感には目を見張るものがありました。

内国産馬を競りなどで購入するぐらいなら外国から同じぐらいの金額で馬を買ってきて走らせたほうがいいぐらいで、そういった方針の馬主の方もいらっしゃいましたね。

その当時競馬をやっていた方ならご存知でしょうが、マル外馬(外国産馬)の中でも圧倒的存在感を放っていた種牡馬がDanzig(ダンジグ※)という馬やその系統だったんですが、当時は他にSadler’s Wells(サドラーズウェルズ)やNureyev(ヌレイエフ)、Caerleon(カーリアン)などがよく知られたた存在で日本に入ってくる中、”とにかく早い!”種牡馬という印象でした。

日本でもアグネスワールドやヤマニンパラダイス、ビコーペガサスなど特に早いと思わせる一流馬を送り出しました。

そんなインターネットも発達していなかった時代から20数年経ち、日本ではサンデーサイレンス系が外国産馬を駆逐し状況は逆転。前述の種牡馬たちもサドラーズウェルズのように代を経て世界中で発展したり、カーリアンのように直系が思った以上に伸びなかった種牡馬もいますが、今回はかつてNorthern Dancer(ノーザンダンサー)系の中ではナンバーワンともいわれたスピード種牡馬ダンジグの系統を調べてみたいと思います。
※かつて日本ではダンツィヒやダンチヒといった呼び方がされていましたが、現在はダンジグといった呼び方が多いのでこちらで統一します

スポンサーリンク


Danzig(ダンジグ)の血統

Northern Dancer 1961
鹿毛 カナダ

父の父

Nearctic 1954
黒鹿毛 カナダ

Nearco Pharos
Nogara
Lady Angela Hyperion
Sister Sarah
父の母

Natalma 1957
鹿毛 アメリカ

Native Dancer Polynesian
Geisha
Almahmoud Mahmoud
Arbirator

Pas de Nom 1968
黒鹿毛 アメリカ

母の父

Admiral’s Voyage 1959
黒鹿毛 アメリカ

Crafty Admiral Fighting Fox
Admiral’s Lady
Olympia Lou Olympia
Louisiana Lou
母の母

Petitioner 1952
鹿毛 イギリス

Petition Fair Trial
Art Paper
Steady Aim Felstead
Quick Arrow

1977年アメリカ産。

父ノーザンダンサーは世界に君臨した大種牡馬ですが、地域や距離を問わずさまざまな産駒を送り出しました。

母Pas de Nomは42戦9勝の中級馬であり遡れば三代母Steady Aimが英オークス馬であるものの、これぐらいの血統の馬はどこにでもいる感じですね。

母の父Admiral’s Voyageは遡るとTeddy(テディ)にいきつく系統で、スピードやパワーを備えた種牡馬であり一大系統を築きましたが現在はあくまで母系に入って丈夫さや底力を与えているにとどまる印象です。

母の母の父も系統もFair Trialに行きつきますが、こちらもスピード型種牡馬と言えますね。

全体的にはクラシックディスタンスが全盛の時代に短距離系の血て構成された当時としては珍しい種牡馬と言えます。

現役時代

現役時代は未勝利戦と一般戦を走ったのみで3戦3勝。

1979年6月 未勝利戦 ダート5.5ハロン 1分3秒6 1着 (8馬身1/2差)
1980年5月 一般戦 ダート6ハロン 1分9秒4 1着 (7馬身1/2差)
1980年5月 一般戦 ダート7ハロン 1分22秒0 1着 (5馬身3/4差)

戦った相手が微妙ですがタイムや着差のパフォーマンスを見ると素質を感じさせ、これが種牡馬入りにつながったようです。

代表産駒

Chief’s Crown(チーフズクラウン)

母の父:Secretariat(Bold Ruler系)

1982年産で初期の産駒となりますが代表産駒にしてダンジグ系の発展に貢献した馬ですね。

三冠レースはいずれもケンタッキーダービー3着、プリークネスステークス2着、ベルモントステークス3着と善戦どまりに終わっていますが、トラヴァーズステークスやBCジュベナイルなどGⅠをGⅠを8勝しており全米2歳チャンピオンにも輝いています。

産駒からは英ダービー馬Erhaab(エルハーブ)を出しています。

Danzig Connection(ダンジグコネクション)

母の父:Sir Ivor(Turn-to系)

1983年でベルモントステークスを制するなど17戦6勝。GⅠは2勝したのみですが、掲示板を外したのはBCジュヴェナイルの12着のみと安定した成績を残しています。

Shaadi(シャーディ)

母の父:Hoist the Flag(Ribot系)

1986年アメリカ産ですがイギリスを中心に走り愛2000ギニーやセントジェームズパレスSなどを勝利しました。

アメリカだけでなくヨーロッパのためるレースで勝ち負けできることを証明できた意義は大きかったですね。

Polish Precedent(ポリッシュプレスデント)

母の父:Buckpasser

この馬の1986年アメリカ産馬ですがシャーディーと同じくヨーロッパで活躍します。

若干出てくるのが遅かったのでクラシックレースには出ていませんが、ジャックルマロワ賞やムーランドロンシャン賞など一流レースに勝利しています。

産駒からはジャパンカップなどGⅠを6勝したPilsudski(ピルサドスキー)などを送り出しています。

Dance Smarty(ダンススマーティ)

母の父:Smarten(Turn-to系)

 

1988年カナダ産の牝馬です。

現役時代はカナダで走り三冠レースを勝利した後、アメリカのBCディスタフを制するなど17戦12勝。

弟には種牡馬として大活躍したSmart Strike(父Mr Prospector)です。

Pine Bluff(パインブラフ)

母の父:Halo(Turn-to系)

1989年産でプリークネスステークスなどを制しています。ケンタッキーダービー、ベルモントステークスは5着、3着。

ヤマニンパラダイス

母の父:Alydar

1992年生まれの牝馬です。

阪神3歳牝馬ステークス(GⅠ)まで三連勝でしたが、圧巻だったのは三戦連続でレースレコードで走ったことですね。

抜群のパフォーマンスでとにかく強いという感じでしたが、怪我して復帰後はダンジグ産駒普通の馬になってましたね(笑)。

アグネスワールド

母の父:Seattle Slew

1995年産。現役時代は2歳から走り、最初は単なる早熟のスピード馬と思わせましたが、夏以降は4連勝して本格化して最終的にはイギリスのジュライカップ(GⅠ)を勝利しました。器用な感じには映りませんでしたが、デカくて早い馬という感じでしたね。

現在のサイアーラインとして残るダンジグ系

ダンジグは様々なGⅠホースを送り出していますが、GⅠを勝ちまくったのがチーフズクラウンのみであり、現在主流となっているダンジグ系種牡馬は実はあまり現役時代活躍した馬ではありません。そこで別にまとめてみます。

Chief’s Crown(チーフズクラウン)

母の父:Secretariat(Bold Ruler系)

1982年産。活躍馬のところで紹介していますが、エルハーブだけでなくChief Bearhart(チーフベアハート)を送り出すなどアメリカで発展しています。

Green Desert(グリーンデザート)

母の父:Sir Ivor

1983年産。英2000ギニーは1980年代最強馬とも言われたダンシングブレーヴの2着にやぶれGⅠレースはジュライカップなど二勝したのみで有力馬の一頭に過ぎませんでした。

種牡馬入り後はヨーロッパの短距離レース中心に活躍する馬を送り出し、後継のCape Crossが存在感を放ちます。ダンジグ系の中ではデインヒルに続く勢力ですね。

Danehill(デインヒル)

母の父:His Majesty(Ribot系)

1986年アメリカ産で、現在ダンジグ系の中でも一番存在感があるのがこのデインヒルの系統ですね。

現役時代はヨーロッパで走り英2000ギニーは名馬Nashwan(ナシュワン)の3着、愛2000ギニーは前述のシャーディの4着に敗れGⅠはスプリントカップを勝っただけの単なる有力馬の一頭ですが、種牡馬入りして大ブレイクしました。

イギリスでリーディングサイアーに3度輝いただけでなく、オーストラリアでは9度のリーディングサイアーに輝いており、シャトル種牡馬の走りとしても有名ですね。日本でも一年間だけ強要されており、この滞在した時に種付けされた産駒はなんと全体で3位(生産年での集計)の成績を残しています。

直系も伸びてはいますが、母系に入って存在感を見せつけるなど世界中にその血が広まっています。

ダンジグ系産駒の特徴

以上がダンジグの系統についてまとめになりますが、代表産駒などを見ていくと分かるようにGⅠを勝ちまくった馬というのがチーフズクラウンやピルサドスキーぐらいで少数派となります。また牝馬などの活躍馬が多いようにこういったタイプは身体能力を活かしたレースに共通する項目でありやはり武器は高いスピード性能にあるとみて間違いないでしょう。

また産駒に共通しているのは仕上がりの早さであり2歳戦から活躍している馬が多いのも特徴と言えますね。

また産駒はかつてのイメージほどスプリント戦にのみ強いということもなく一流馬であれば2000mぐらいは対応できるようです。

デインヒル系統が世界中で活躍しているように馬場を問わない万能ぶりは特筆すべき点でありストロングポイントと言えますね。

日本で最近のダンジグ系を活躍見ているとサトノダイヤモンドやジェンティルドンナの母系に入って超一流馬も送り出しており、かつての単なる早熟なスピード馬という印象は捨てたほうがいいのかもしれません。

現在日本の一流馬の中にはダンジグの血が入っているものが多くスピード競馬に対応するためにも重要な血の一つであることは間違いないでしょう。

また個人的なイメージなんですが、母系にダンジグの血が入っていると中山競馬場を得意としている馬が多い印象があるのですが、このあたりは今後も検証していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)