皐月賞2019予想 かなり軽めに行きます

明日中山競馬場で行われる第79回皐月賞の予想をしたいと思います。

本来であれば桜花賞のようにレース内容などをしっかりと吟味しながら挑みたかったんですが、今週はプライベートが忙しかったので今回はかなり急ぎで直感重視で挑みたいと思います。

本命はサートゥルナーリア 切る理由がない

まず僕の本命ですが、サートゥルナーリア(父ロードカナロア)にします。今回ゴリゴリの本命馬で単勝オッズも二倍を切りそうですが、この馬に逆らう理由がありません。

何と言っても鞍上の名手ルメール騎手のコメントが自信満々なのは安心ですし、他のライバル騎手の評価が段違いに高いのが理由です。

昨年のアーモンドアイなんかもシンザン記念の時点で武豊騎手が絶賛していたぐらいですから、そういった騎手たちが今年もべた褒めしているので現場の声は信頼ができます。

ただ、個人的に日本ダービーはまぎれの少ないレースなので勝つとは思うんですが、皐月賞は紛れがあるレースなので、取りこぼす可能性はゼロではないと思います。

かつての名馬たちもここを取りこぼした例はいくらでもありますし、馬連や三連複などでは信頼しても単勝はオッズ的にも手を出すべきではないと思います。

スポンサーリンク


 

 

先行馬が多くスタミナ勝負か?

今回はサートゥルナーリアをはじめ有力馬に先行馬が多いのですが、かと言って無理に行かなければいけない馬がいるわけではありません。

そうなるとどの馬もサートゥルナーリアを見ながらにレースになりそうですし、序盤は落ち着きそうな気配がします。

ただ、サートゥルナーリアだけでなくアドマイヤマーズなども前半楽をさせてしまうと最後まで行ってしまうので、各ジョッキーたちも動かないわけにはいかないでしょう。そうなると残り4F、下手をすると三コナー手前から動きだしてくる可能性も出てきます。

そうなると厳しくなってくるのがスピードタイプの馬たちであり、台頭してくるのが持続力に優れたタイプやスタミナタイプです。逆にこういったレースが苦手なのがディープインパクト産駒なのですが、こういった展開になるとジョッキーたちの駆け引きや経験もポイントになってくるので、勝ちに来るのかしっかり着を拾いに来るのかでも結果は十分に変わってくるでしょう。

そういう見方から考えると厳しそうなのがアドマイヤマーズですが、この馬はできれば最後まで落ち着いたペースで行って流れ込みを狙いたいですね。どうしてもダイワメジャーは2000m前後のGⅠになると厳しくなるので、あとはどの程度能力の高さがあるかといったところでしょうか。割引は必要です。

面白そうなのがキングカメハメハ系であったりハービンジャーやハーツクライの父系の馬たちです。

速さも必要なのが皐月賞

しかしながらスタミナが必要と言っても、勝負どころでは11秒台のラップが連続するのは間違いないでしょう。そういった場面でついていくのにはスプリント系の血も必要ですし、ヨーロッパ型の血でしか構成されていないような馬たちとっては追走で手一杯になり最後脚が残っていないというケースも考えられますね。

ヨーロッパ型の父を持つ馬にはランスオブプラーナ(父ケープブランコ)、ラストドラフト(父ノヴェリスト)、ニシノデイジー(父ハービンジャー)などがいますが、ラストドラフトは母が桜花賞馬マルセリーナ、ニシノデイジーは母の父に優れたスピードをもつアグネスタキオンを持っているので、大丈夫だとしてもランスオブプラーナは少し厳しいかな?という感じがしますね。

最終予想

時間がないので印の順番だけ説明していくと、まずサートゥルナーリアは一頭だけ抜けていると思います。

そして潜在能力も含めて次のグループに入ると思うのがヴェロックスやダノンキングリー、ファンタジストの三頭と思うのですが、ダノンキングリーについてはディープインパクト×ストームキャットという完全な瞬発力型(東京競馬場向き)の配合と見て、先行馬が早仕掛けになった中満を持して伸びてくるという可能性は残しつつも勝ちきれないのではないかと見ます。

ファンタジストもダノンキングリーと同じように後ろからしっかりと伸びてくるとは思うんですが、少し評価を下げた理由が武豊騎手が珍しく距離を気にしたコメントをしている点なのと、まだまだ完成するのが先ということを言っている点です。となると、ギャンブルをせずにしっかりとタイミングを見計らって遅れて追い出してくる可能性もあり、勝ち負けはしないような気がします。あくまで、あわよくばの着狙いで三着から七着あたりなのではないのかと思います。陣営もここをそんなに狙ってはいないのではないのでしょうか。

そこで浮上してきたのがヴェロックスなんですが、この馬も完成はまだ先だと思いつつも上に書いたようにスタミナ勝負になる可能性もあり、そうなるとハーツクライを祖父に持ち、その中でもスピードを活かした走りをしたジャスタウェイ産駒というのは面白いような気がします。また母系はスタミナのあるモンズーンに母の母の父はしっかりダンジグの血を引いておりバランスはかなりいい印象を受けます。完成度という点で大負けする可能性もあるとは思いますが、鞍上も川田騎手で屋根の心配もなく刺客としては十分ですね。

そして三番手グループと見るのがアドマイヤマーズ、ニシノデイジー、ラストドラフト、サトノルークスなどの馬たちなのですが、このあたりの馬たちはどうしてもスタミナもしくは勝負所での追走に難がありそうな気がして一長一短があります。

ただ、二番手グループとの差はレースの展開しだいで十分逆転可能な範囲と見てあとはアドマイヤマーズ自身は距離面に不安を見せつつも、まだ底を見せているわけではないのとデムーロ騎手がしっかりと乗ってきたというのも切れない理由でもあります。

ニシノデイジーに関してはもしかして早熟タイプ?という疑いの目を向けつつもあるんですが、前走の特殊な馬場状態だったと騎手が口をそろえて言う弥生賞に負けただけなので、この敗戦だけで切る理由にはならないですし、血統的にも乱戦向きのハービンジャーに母の父がアグネスタキオンというのがどうしても不気味です。

あとは未知数枠としてクラージュゲリエやラストドラフトが血統的にも面白いと思ってあげましたが、ここは二桁着順もあるかな?と思いつつ配合的な魅力を買ってみました。

以上が今回の予想になるのですが、今回はメンバー的にはサートゥルナーリア以外は横一線という感じもするので馬連か三連複でサートゥルナーリアを押さえながら印をつけなかった馬にも広く抑えておくのがベストだと思います。

正直言うと、ダノンキングリーやアドマイヤマーズ、ラストドラフトは好走はしても馬券には絡むのか少し怪しいかなとは見ているんですが踏ん切りがつきません。まだほかに見逃している馬がいるような気もしなくはなく・・・(笑)。

◎ サートゥルナーリア
〇 ヴェロックス
▲ ニシノデイジー
△ ダノンキングリー
× アドマイヤマーズ
× ファンタジスト
穴 クラージュゲリエ、ラストドラフト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)