日本ダービー(GⅠ)2018予想 血統と各馬寸評

スポンサーリンク

2018年5月27日に東京競馬場で行われる第85回日本ダービー(東京優駿、GⅠ、芝2400m)の予想ページとなります。

皐月賞は直前まで大本命と見られていた2歳王者でもあるダノンプレミアム(父ディープインパクト)が軽い故障により回避したため一気に混戦模様となりました。

結局展開の利もあったエポカドーロ(父オルフェーヴル)が勝利した形になりましたが、今回は同型のダノンプレミアムが満を持して出走してくるだけに同じように力を発揮できるかも注目ですし、ワグネリアン、タイムフライヤー、グレイルなど後方待機馬がこのまま終わるわけにはいかないでしょう。

ダノンプレミアムがキングカメハメハのように先行して押し切ってしまうのか、もしくはマカヒキやドゥラメンテ、キズナなどのように元々有力視されていた差し馬がとびこんでくるのか、フサイチコンコルドのような実力馬が突然現れるのか、血統面を中心に見ながら予想していきたいと思います。

スポンサーリンク


 

 

展望と傾向

”もっとも運のいい馬が勝つ”と言われている日本ダービーですが、ダービー馬のその後を考えると言いえて妙という感じで、実力も必要なレースですが勝った馬が勝つべくして勝ったという印象が強いですね。

二着馬がその後大活躍した例もありますが、掲示板の載ってきた馬がその後大した成績を残していないことも多々あり、個人的にはダービーは実力プラスいかにピークを迎えているかがポイントと感じます。

陣営がその先を見据えているのか、勝ちに来ているのかそのあたりの見極めも重要なのではないのでしょうか。

個人的に勝ってびっくりしたのはサニーブライアンぐらいであり、あまりビックリするような馬がこない固いレースと言えますね。

勝ち馬の人気傾向

ここ10年の勝ち馬の人気は一番人気が4勝、二番人気が2勝、三番人気が3勝、四番人気以下が1勝と勝ち馬に関しては実力馬がしっかりと勝つレースなのは間違いありません。

皐月賞馬エポカドーロは想定人気では四番人気あたりと予想されていますが、傾向から考えると若干厳しいという見方もできますね。

前走

こちらも10年というスパンで見てみると、皐月賞組が[8.7.4.63]ということでやはり断然信頼できるレースとなります。

面白いのは前走京都新聞杯(GⅡ)とNHKマイル(GⅠ)の勝ち馬が一勝づつしていますが、いずれも前走一番人気1着。本番でも1番人気に支持されたキズナとディープスカイだったことを考えると過信は禁物と言えます。

また昔からの傾向通り、青葉賞組は二着と三着が二回づつある程度、プリンシパルステークス組は三着が一回あるだけなので、あくまで二着候補までという見方で十分でしょう。

血統

サンデーサイレンス系が強いのは一目瞭然なので触れませんが、若干気になったのは母の父の傾向です。

オークスでは十年間で連対した二十頭中13頭がノーザンダンサー系だったのに対し、日本ダービーでは7頭しか連対しておらず少し求められるものが違うのかもしれませんね。

母の父だとサンデーサイレンス系は4頭、ミスタープロスペクター系は1頭と一気に信頼度が落ちます。

出走馬の血統評価と寸評

枠順決定前にこの記事は書いているので、種牡馬別に述べていきたいと思います。

キタノコマンドール

父:ディープインパクト 母の父:キングカメハメハ

伯母には名牝トゥザビクトリーもおり、近親に活躍馬が多数いますね。皐月賞でも潜在能力を期待されてか三番人気に推され5着という結果でしたが、この結果をどう判断するのかが難しくなります。

レース内容を見る限りなんですが、個人的には馬がまだ若く本格化がまだ先という感じがするのですが、もう一転気になるのは全体的に一族の活躍馬が差して特別に鋭いというタイプではないという点ですね。あくまでスピード感のある軽さがこの血統の武器と感じるだけに直線の長いダービーが向いているかというとはたしてどうかなという感じはします。

母系はキングカメハメハ×Nureyev(ヌレイエフ)×Sharpen Up(シャーペンアップ)というバランスのいいスピードと底力に優れた配合ですが、重賞を勝ちまくるようなタイプではないと感じるのであとは鞍上のミルコ・デムーロがいかにうまく乗るかがポイントのような気がします。

将来的に重賞の一つぐらいは勝ちそうですが、個人的には過剰人気のように感じます。

ダノンプレミアム

父:ディープインパクト 母の父:Intikhab(ロベルト系)

ここまでのところケチのつけようのないレースを進めてきましたが、中山の2000mこそピッタリの舞台だと思っていただけに、皐月賞に出走できなかったは少し因縁めいたものを感じます。

この馬の場合スピードがありすぎる点が距離の心配を感じさせますが、同じようなレースをしていたラッキーライラックがそれまで完封していたリリーノーブルにまで交わされて三着に終わっただけに同じようになるのではないかという不安がありますね。

この馬の血統は母の父がたまにとんでもない馬をだすIntikhab(インティカブ)にデインヒル×スピードに優れたハビッタット系種牡馬との配合になっていますが、このインティカブの血を引く巣のフェアリーやファウンドといった超一流馬がGalileo(ガリレオ)やMarju(マルジュ)といったヨーロッパ型のスタミナ型のノーザンダンサーの血を近いところに含んでいることを考えると、はたして2400mになって同じようなレースができるかは怪しくなります。

また父ディープインパクトが数多くの産駒を送り出しながら、超一流馬と言えるまでに成長したのがジェンティルドンナただ一頭だけなので、血統的にここを勝てば化け物級の馬であることは間違いないものの、このレースをきっかけに徐々に転落していくか、マイラーとして活躍していくというパターンのほうが可能性としては高く感じます。

個人的には距離を克服してディープインパクトの後継馬として名乗りを上げてもらいたいものですが、そういった視点でも今回のレースは注目しています。

ワグネリアン

父:ディープインパクト 母の父:キングカメハメハ

皐月賞は一番人気に推されながらやや重の馬場もたたり7着に敗れたワグネリアンですが、果たして巻き返しがあるのか注目されます。

前走は二番手以下のペースが遅かったことや馬場面なども考えると度外視して大丈夫なんでしょう。そう考えると完敗したのが弥生賞のダノンプレミアムだけということになりますが、心配されるのはやっぱり距離面です。

母系がキングカメハメハ×ブロードブラッシュ×In Reality系の種牡馬という配合ですが、祖母がダートでかなり活躍したブロードアピールということで血統的奥深さはあるものの、ブロードアピールが短距離で活躍したことや、キングカメハメハがクラッシックディスタンスでもまったく苦にしない産駒を多く送り出しているにしても、純粋な血統的イメージとしては少し長いと感じます。

また決め手の鋭いディープインパクトの血統的パターンから見ても、テンプレート的な配合とは言えず、後方を追走して最後鋭く伸びてくるかというと信頼しずらい点はありますね。

距離はこなせるかと思えますが、日本ダービーでストロングポイントを発揮できるかというとちょっと怪しい感じがします。

アドマイヤアルバ

父:ハーツクライ 母の父:Bernstein(Storm Cat系)

新馬・未勝利戦を抜けだすのに五戦を要していますが、これまでのキャリアで三着が一回あるのみで、京都新聞杯でも二着に来ており完全に底を見せたとは言えない部分で未知の魅力があります。

父ハーツクライはどちらかと言えば仕上がりが遅くこれからが成長期で東京コースへの相性もいいことから期待はできますが、母の父Bernstein(バーンスタイン)はStorm Cat(ストームキャット)の子らしく現役時代は二歳戦で活躍した以降の成績はパッとしなかったのでどちらの血がでているのか気になる部分ではあります。

母系はストームキャット系×Deputy Minister系×Nureyev系と三代続けてノーザンダンサーが配合されており若干アクの強い配合で、近親に重賞で活躍している馬もいますが、これまでの戦績を見る限りジリっぽく距離は長いほうがいいのかなという気もしますね。

どうも想定オッズではかなり人気がなさそうなので、押さえておいても面白いかと思います。

グレイル

父:ハーツクライ 母の父:ロックオブジブラルタル(デインヒル系)

共同通信杯ではかなり評価されていたグレイルですが、二戦続けての凡走により評価を下げていますね。

ただ共同通信杯は気性的に少し入れ込んでいた、皐月賞では馬場が湿っていた中一番外を回らされたなど逆転の要素はあります。

あくまで道中かからずにすんなりと回ってくるという条件付きではありますが、昨年のスワーヴリチャードが皐月賞で外を回って凡走した後、ハーツクライ産駒が得意な東京コースで好走してダービーで二着で来たこともあり、その再現もあり得るのではないかと個人的には期待している一頭です。

血統は母系がデインヒル×レインボークエスト×シルバーホークという東京コースに合いそうな底力に優れた配合でバランスもいいと思います。

祖母のシルバーレーンからは活躍馬が多数おり、今回出走するハーツクライ産駒の中では一番注目しています。

ゴーフォザサミット

父:ハーツクライ 母の父:Storm Cat

青葉賞(GⅡ)では若干抜け出すのに時間がかかったものの一頭だけレベルの違いを見せましたが、問題は一線級との力の差でしょう。

参考になるのは皐月賞で好走したステルヴィオやエポカドーロが出走していたスプリングステークス(GⅡ)ですが、皐月賞の結果を踏まえてうえで振り返ると、二頭だけ抜けていたと見るのが妥当で、あとは距離適性でどこまで差を詰められるかがポイントのような気がします。

そこで気になるのは血統ですが母系は兄に重賞戦線で安定した活躍をしたショウナンマイティ(父マンハッタンカフェ)がおり、ストームキャット×Alleged(アレッジド)×Affirmed(アファームド)といういずれも底力に優れた種牡馬が配合されており、大舞台には強い配合で距離もピッタリですね。

ただ、肝心な舞台では二着、三着というハーツクライ産駒なだけに、仮にこの馬が父ハーツクライ級のポテンシャルを秘めていても二着までかな?という気がしますね。

かなり楽観的な見方をしての内容であり、勝負は菊花賞あたりだと思います。

タイムフライヤー

父:ハーツクライ 母の父:ブライアンズタイム

昨年のホープフルステークス(GⅠ)は二着に入ったジャンダルムとともに三コーナー手前から捲っていくというかなり強い勝ち方をした同馬ですが、三歳になってからの二戦は突然馬が変わったようなレースぶりで大敗ともいえる内容でした。

特に前走皐月賞の内容は深刻で、有力馬がすべて四コーナーの位置から順位を上げているのに対して、この馬のみ順位をさげているのが心配です。

もしかしたらこのあたりは血統的なものかな?とは感じているのですが、母系は伯父にダートで活躍したタイムパラドックスがいるようにどちらと言えばパワー系の牝系であり、母の父ブライアンズタイムもスピードよりはスタミナやパワーに優れた血統なので、スピード面で成長していないか、ブライアンズタイム系に訪れがちな気性的な燃えつきも考えられます。

個人的にはいつかこういう時期が訪れるかなとは思っていましたが、母系の血がつよいようだとこのまま尻すぼみになる可能性も高く、調教でよっぽど動いていないようだと消そうかと思います。

エタリオウ

父:ステイゴールド 母の父:Cactus Ridge(Storm Cat系)

ここまで六戦して二着四回。青葉賞でもゴーフォザサミットの二着に入り出走権をゲットしてきましたが、青葉賞はどちらかと言えばなんとか二着に踏ん張ったレースであり、逆転は厳しそうな印象でした。決して本番に直結しているわけではない遅れてきた馬たちのトライアルなので、あまり信用はできません。

血統を見ると父ステイゴールドに母の父がヘネシー産駒のCactus Ridge(カクタスリッジ)という配合ですが、近親に日本で活躍した馬がまだ見られず、母系の仕上がりの早い血がいいほうにでているのかな?という見方ができますね。

母系はヘネシー系×ブロードブラッシュ×Damascusといういかにもダートの短いところが向いていないそうな配合です。

ステイフーリッシュ

父:ステイゴールド 母の父:キングカメハメハ

京都新聞杯は前目の馬が最後伸び悩む中、余裕をもって伸びてきており能力の高さを見せつけましたが、同じようなレースが本番でできるかでしょうね。

血統的には父がステイゴールドで母系がキングカメハメハ×シルバーホーク×ボールドルーラー系ということでスタミナとともにある程度の軽さも持ち合わせますが、爆発的な切れ味を持った血統ではないだけに、道中である程度前目に付けることが勝ち負けする条件にはなるでしょうね。

グレイルとは親戚関係にありますが、共同通信杯のように前有利な展開になると解決策がなく、スタート次第ですね。

エポカドーロ

父:オルフェーヴル 母の父:フォーティーナイナー

皐月賞を勝利し、これで5戦3勝となりましたが、余裕残しであったであろう新馬戦を除くと実質スプリングステークスでステルヴィオにしか負けていません。

となると、皐月賞をペースを無視して追い込んできたステルヴィオは相当強いということになってしまいますが、皐月賞の勝ち方も展開のあやがあったとはいえ、冷静に見ると強い勝ちではありますね。

この馬の場合母の父がノーザンダンサー系種牡馬だとなんとなく安心できるんですが、母の父がフォーティーナイナーというのが東京2400mだとなんか不安ですね。

 

テーオーエナジー

父:カネヒキリ 母の父:Crafty Prospector

ここまで五戦すべてダートで三勝、二着三着がそれぞれ一回づつありますが、もちろん芝での実績がなく分かりません。

ただ血統は一目瞭然のダート血統で、父カネヒキリはご存知ダートの一流馬、母の父クラフティプロスペクターは底力のないスピード系ダート馬、近親にビワシンセイキがいることなどからも芝での評価はできませんね。

消しです。

スポンサーリンク


 

コズミックフォース

父:キングカメハメハ 母の父:ネオユニヴァース

プリンシパルステークスの勝ち馬で勝ちタイムも1分58秒2というのはかなり見どころのある内容ですが、いかんせんメンバーが弱すぎて評価しにくいですね。

二着馬が33秒台で伸びてきていることを考えると、かなりタイムは出る馬場状態だったはずで、このメンバーで最速の上りを記録できないようでは決め手勝負ではつらい感じがします。

血統的にはキンカメ×サンデーサイレンス系の配合でテンプレどおりですが、母の母の父がスプリンターを送り出しているMarquetry(マーケトリー)で若干距離が長い感じがしますね。

サンリヴァル

父:ルーラーシップ 母の父:アグネスタキオン

いつまでたっても負けそうで負けない馬が多いルーラーシップですが、今年の牡馬はしっかりサンリヴァルが出てきたことはすごいですね。

皐月賞もあわやのシーンでしたし、オークスでリリーノーブルが二着に来たとあっては軽視はできませんね。

血統は母の父がキングカメハメハ系に相性のいいサンデーサイレンス系のアグネスタキオン、祖母にオークス馬ウメノファイバーがいるというバランスの良さで、三代母の父にはしっかりノーザンダンサーの血があり凡走する要素はほとんどないですね。

あとはどこまで勝負所で踏ん張れるかでしょうが、リリーノーブルのゴール前での伸びっぷりなどを見ると、以前よりルーラーシップ産駒が勝負所で動ける印象がありますね。

ステルヴィオ

父:ロードカナロア 母の父:ファルブラヴ

オークスを見る前だったら思い切って消していましたが、このレースで同じロードカナロア産駒のアーモンドアイのとてつもないパフォーマンスを見せられると、もはや種牡馬としてのクオリティーに疑う余地がありません。また距離適性もお父さんであるキングカメハメハと同等ぐらいと見ておいても大丈夫でしょう。

となると二度戦って二度負けているダノンプレミアムに対して距離延長で勝機があるように感じますし、スローペースの皐月賞で後方待機馬で最先着した内容は評価できます。

気になる母系は母の父がサドラーズウェルズの全弟フェアリーキング産駒のファルブラヴが主にスプリンターを送り出している点ですが、元々この馬自身が中距離で活躍していただけに全く問題ないでしょう。

さらに母系はサンデーサイレンス×トウショウボーイ×パーソロンと若干古臭いところですが、各時代のトップ種牡馬が配合されているだけでなく、あの皇帝シンボリルドルフがでたスタミナのある牝系なので、この系統にありがちな気の強さがでなければこの馬もあっさり2400mをこなしそうな気がします。

ケイティークレバー

父:ハービンジャー 母の父:ディープインパクト

今回ハービンジャー産駒は二頭出走していますがこちらは母の父ディープインパクトという次世代の血統ですね。

逃げ・先行という脚質ですが、成績は安定しません。血統的には逃げるほどの序盤のスピードに優れた血統ではない気がするのですが、母の母の父にコジーンがいるので、もしかしたら血統的に難しいタイプなのかもしれません。

となると位置取りは難しくなりますが、先行馬にはダノンプレミアムやエポカドーロなど有力馬がおり、なにがなんでも逃げたいアイトーンがいるため、非常に立ち回りは難しく感じます。

スプリント系の血がないため差して鋭いとは言えず、かと言って逃げて踏ん張るれるようなクロフネやリファール系のような爆発的なスピードが近くにないため、非常に難しい感じがします。

もちろん切りですね。→出走しないみたいです。

ブラストワンピース

父:ハービンジャー 母の父:キングカメハメハ

ここまで三戦三勝。毎日杯の勝ち馬であり、ダノンプレミアム意外に突き抜けた馬がいないこともあって人気しているようです。

毎日王冠はのちにNHKマイルカップで二着となるギベオンに完勝したこともあり子の辺りも影響しているのでしょうか、かなり強い勝ち方でした。

問題は有力馬との力関係ですが、まだまだ余裕もありそうだったこともありますが、溜めて伸びるタイプとは限らず、このあたりは正直なところ分かりません。

となると問題は血統ですが、父は昨年大活躍したデインヒル系のハービンジャーです。

昨年の活躍馬を見ると血統面ではいくつかの共通点があり、母の父にスピードがあるサンデーサイレンス系かキングカメハメハで、そこに母の母の父あたりにヌレイエフなど底力のあるノーザンダンサー系種牡馬受け止めている点です。

ブラストワンピースの母系を見るとキングカメハメハ×フジキセキ×エルグランセニョールとなっており、活躍馬によく似た配合で期待が持てますね。

勝負所で抜け出す脚と立ち回りのうまさがハービンジャーの武器ですが、血統面だけなら勝負にはなるような気がしますね。

ただ、雄大に大外を伸びてくるタイプではないので、勝ちきるまでどうかなという心配はあります。あくまで二着、三着候補ですね。

ジャンダルム

父:Kitten’s Joy(キトゥンズジョイ) 母の父:サンデーサイレンス

僕がPOG(ペーパーオーナーゲーム)で指名している馬ですが、今回はさすがに厳しいでしょう(笑)。

NHKマイルカップ(GⅠ)に出たほうが面白いとは思っていたんですが、末脚が切れるタイプではないので距離適性などを考えるとダービーだとより勝ち負けが厳しくなるような気がします。

最近は同系統のFrankel(フランケル)やGalileo(ガリレオ)などの産駒が日本のマイルでも勝ち負けするようになりましたが、それでも切れ味勝負ではいまだに苦戦しています。

武豊ジョッキーなどのコメントを見ていると非常に能力は高いのでしょうが、ひいき目に見ても東京2400mという舞台はいかにも合わないという感じがしますね。

母は名スプリンタービリーブで母系はサンデーサイレンス×Danzig×Icecapadeの配合で、ベストは1800m前後でしょうね。

オウケンムーン

父:オウケンブルースリ 母の父:エリシオ

前走皐月賞は位置取りの悪さが響いたのか12着に敗れていますが、共同通信杯はダービーでも有力視されるグレイルやゴーフォザサミット、ステイフーリッシュを相手に勝利しています。

皐月賞の結果から決め手ではどうしても劣ることが分かりましたが、共同通信杯のように前に付けるとある程度踏ん張りがききそうで面白い存在です。

そうなると気になる血統ですが、父オウケンブルースリはウォッカをジャパンカップでも追い詰めたように東京競馬場を得意としているトニービンの系統で、息の長い末脚はこの系統の特徴ですが、現代的なスピード競馬の血に比べるとやはり切れ味では劣ります。

母系もフェアリーキングの息子エリシオであり、母の父にストームキャットの父Storm Bird(ストームバード)がいるものの、全体的にスパーンと切れるというよりもジリジリ伸びるタイプの血統ですね。

決してバランスは悪くない血統ですがGⅠという舞台を考えるとどうしても勝負所で一瞬置いて行かれるような気がしますし、勝ち負けするなら時計がかかる馬場状態になってほしいところですね。

ジェネラーレウーノ

父:スクリーンヒーロー 母の父:ロックオブジブラルタル

現在5戦3勝で皐月賞は3着。戦績だけ見ると一流馬ですね。

京成杯(GⅢ)の勝ち馬ですが、メンバーの質が低くあてにならないのと、皐月賞は実質スローの中での三着ということで、さすがに次はないだろうという感じがしますが、かつてサニーブライアンはこんな雰囲気で二冠を達成したので何となく怖いです。

というのも母系のバランスが素晴らしく、ロックオブジブラルタル(デインヒル系)×ストームキャット×Alydar(アリダー)×ニジンスキーで代々底力の高い種牡馬がつけられておりスピードとスタミナもいい具合に補完しあっている印象があります。

母系はあまり活躍馬がいませんが、変な血統でも大物を出してくるスクリーンヒーローだけに穴として狙っても面白いかもしれませんね。

血統上は同型のダノンプレミアムより距離適性はありそうです。

 

スポンサーリンク


 

日本ダービー2018最終予想

正直なところどの馬も一長一短という感じがして、このレースは”見”か、かなり手を広げるのがベストのような気がしますね。

あまり深く考えずに過去のレースだけを見たイメージだけだと、ブラストワンピースなんかが怖いし、新種牡馬は比較的くるので、ステルヴィオやエポカドーロを軽視しにくい感じもします。

あとどうしてもディープインパクト産駒は過剰人気気味になるので、僕は避ける傾向にあるのですがこのあたりがどう出るかですね。

逆にハーツクライは先物買いして失敗するんですよね(笑)

◎ ステルヴィオ(15)
〇 グレイル(13)
▲ エポカドーロ(12)
△ ブラストワンピース(8)
× ダノンプレミアム(1)、サンリヴァル(18)
注 ステイフーリッシュ(10)、キタノコマンドール(5)

買い目

とりあえずPOG指名筆頭馬のジャンダルム(11)の複勝100円は確定w

馬連各100円で15→13、12、18、1、8、10、5

13→12、18、1、8

12→8、1、18

8→1、18

以上計1700円です。

ダノンプレミアムが意外と人気していて他の馬関連のオッズがかなりつきそうなので7点追加しました。

現在の回収率

今年度の現在の収支(1点100円とした仮想投票)は以下のとおりとなります。

12戦6的中
(買い目指定したレースでは10戦4的中)

回収率86.5%(投資11500円、回収9950円)

※GⅠと有力GⅡで買い目指定をしているもののみを集計しています。

※現在は当サイトで最終的な予想を行っていますが、姉妹サイトのNEWS73で行っていた予想も含みます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)