京都記念2018 結果と感想

スポンサーリンク

長年競馬を楽しんでいると、強い馬が強い競馬をして勝つのを見るのも楽しみの一つですが、時には本命不在の群雄割拠の時代が訪れます。それはそれで馬券的な楽しみが出て面白いもんなんですが、2018年はキタサンブラックが引退後、主役不在のまま進むのか、はたまたニュースターが現れ混沌とした時代は訪れないのか気にはなるところですね。

世間は韓国の平昌(ピョンチャン)で冬季オリンピックがはじまり盛り上がりを見せ始めましたが、競馬界も今年を占う上で重要なレースである第111回京都記念(GⅡ、京都競馬場、芝2200m)が行われたので振り返ってみたいと思います。

今年の京都記念は昨年の日本ダービー馬レイデオロをはじめ計四頭のGⅠホース(いずれも四歳馬)が出走してきて、かなり中身の濃いメンツとなりましたが、果たしてどういった結果になったのでしょうか。

スポンサーリンク


第111回京都記念(GⅡ)の結果(全着順)

京都競馬場 芝 外回り2200m 馬場状態:重

1着 クリンチャー(4番人気) 2分16秒3
2着 アルアイン(3番人気)
3着 レイデオロ(1番人気)
4着 モズカッチャン(2番人気)
5着 ケントオー(9番人気)
6着 ディアドラ(6番人気)
7着 ミッキーロケット(7番人気)
8着 クロコスミア(5番人気)
9着 アクションスター(10番人気)
10着 プリメラアスール(8番人気)

レース内容と感想

まずスタートから振り返ってみると特に出遅れた馬はなかったですね。アルアインはもう少し内枠が欲しかったところですが、逃げたいクロコスミアが予想通り先頭を走り、プリメラアスール、ミッキーロケットやアルアイン、クリンチャー、レイデオロが追いかける展開でした。

馬場状態が悪かったのでどの馬も前目の位置を取りたかったのでしょうし、それぞれ目論見通りだったのではないでしょうか。有力どころではディアドラがやや後ろでしたが、やっぱりこの馬は前に行けませんね。

1000mの通過1分3秒ちょうど。クロコスミアはもうちょっと行きたそうな感じでしたが、残りの1200mの走破タイムが1分13秒3ということを考えると、重と言えども遅いペースでした。この時個人的には中団よりやや前目を進んでいた一番人気レイデオロは一瞬かかっているのかな?と感じたんですが、四コーナーでも同じ感じだったんで、どうもジョッキーがああいう乗り方だったみたいですね。(紛らわしい)

レースは坂上あたりからペースが上がり始め1ハロンあたり平均12秒2のラップがゴールまで続きましたが、京都らしくロングスパートの勝負になりました。印象としてはペースが上がり始めた時点ではどの馬も手ごたえはありそうな感じで五分という印象でした、

直線を向いてモズカッチャンはインに進路を取り、その他の馬は外に行きましたね。一瞬モズカッチャンが勝ちそう?と思ったものの、残り50mあたりでクリンチャー、アルアイン、レイデオロが襲い掛かってきて何とかモズカッチャンを交わし切りました。

一番人気のレイデオロは何とか三着を死守したという感じでしたが、4コーナーで先頭に並びかけようという横綱相撲だったので、結果論だけで言うと今のコンディションでは若干仕掛けが早かった青かもしれませんね。ただ今回はマークされる立場であもあり、余裕の腰の仕上げでしたでしょうし、僕としては想定の範囲内でした。

正直こういう結果はあり得るなという感じでしたね。ただクリンチャーが突き抜けたのは少しだけ意外でしたが(笑)、全体的にはこんなもんだろうなというレースでした。

有力馬の寸評と評価

レイデオロ

父:キングカメハメハ 母の父:シンボリクリスエス

今回いかにも危ない人気馬と見ていた三着のレイデオロなんですが、理由は二点ほどありました。

まず藤沢和雄きゅう舎ということで、このあたりはベテランの競馬ファンなら余裕の残しの可能性は予想していた方も多いでしょう。ピークにもっていくのには早すぎますし、今回のレースで無理をする必要はまったくなかったですよね。次に僕がちょっと気になっていたのは京都コースということでのロングスパートですね。休み明けで息が持つかな?というのもありましたし、非根幹距離というのも何となく気持ち悪かったです。

レース内容としては特にケチのつけるようなところはなかったのですが、実際八分の仕上げとしても超一流馬だったら勝たなければいけなかったと思います。

どこまでの状態だったかは分かりませんが、今回の結果でGⅠを3つも4つも勝つようなタイプではないのかなという気がしてきましたね。どこかで書きましたが、個人的には同じキングカメハメハ産駒のローズキングダムのように徐々にレース成績が落ちていくのではないかと心配しています。

切れ味がディープインパクト産駒ほどあるわけではなさそうなので、2着3着を繰り返しながら、どこかでGⅠを勝てるかどうかといった馬という感じがします。

クリンチャー

父:ディープスカイ 母の父:ブライアンズタイム

見事GⅠ馬四頭を下しての勝利したが、泥んこの菊花賞2着がフロックでないことを証明しました。今回下した相手が相手なだけに、今年は穴党にはウケそうな一頭ですね。

ただ、今回の勝利はやっぱり道悪の影響はあったでしょう。結果的にも36秒1という上りタイムで勝利できたわけですから、GⅠホース達の決め手が殺された影響は十分あると思います。

今後もGⅠやGⅡでも良馬場だと少し厳しいという印象は変わりません。とりあえず時計がかかる馬場でこその馬でしょう。

アルアイン

父:ディープインパクト 母の父:Essence of Dubai(Seattle Slew系)

皐月賞を勝った後、ダービー5着、菊花賞7着ということで、どういった競馬をするのか一番気になっていた馬なんですが、よく走ったと思います。

皐月賞馬は古馬になるとサッパリということもありますし、ディープインパクト産駒らしからぬ走りで母系の血が強いのかな?とも思ってたんですが、大外枠で休み明けでこの結果は十分だと思います。

まだまだどこまでの馬かというのは判断はしずらいところですが、宝塚記念なんかは面白そうですね。東京コースのGⅠだとちょっと決め手不足かもしれません。

モズカッチャン

父:ハービンジャー 母の父:キングカメハメハ

昨年のローズステークスの凡走があるので、休み明けの今回は恐らく1着はないだろうなとはふんでいましたが、思ったより走りましたね。一瞬見せ場があっただけでも十分でしょうし、相手も揃っていたので上出来です。

レース内容としてはやっぱりこの馬は操作性が高いものの、いい脚が長く使えませんね。オークスの時も一瞬伸び欠けて止まりましが、どうもトップスピードが長く続かないようです。これはリスグラシューなんかにも感じていることなんですが、牡馬との混合レースだとこのあたりは取りこぼす原因になりそうです。

まだまだ先ですがやっぱり牝馬限定レースが勝負でしょうね。操作性が高い馬だからこそ、腕のいいジョッキーが乗った時が馬券の買い時だと思います。

ディアドラ

父:ハービンジャー 母の父:スペシャルウィーク

6着と大崩れをしたわけではありませんが心配です。

前走エリザベス女王杯の時も何か行きっぷりが悪いなとは感じていたものの、今回も勝ち負けにからめていたわけではありません。近親にロジユニヴァースなんかもいるので、徐々に調子が落ちていくのではないかと疑っていますが、果たして調子は戻るのでしょうか。

一回勝ち癖をつけるためにメンバーの弱いレースを選んで使ったほうがいいような気がします。ただ、相手が弱くなっても飛びそうな気がする・・・。

クロコスミア

父:ステイゴールド 母の父:ボストンハーバー(Seattle Slew系)

府中牝馬ステークス勝ちや前走エリザベス女王杯2着により人気していた一頭です。

他の方のブログなんかで推している声も多かったんですが、やっぱり休み明けのステイゴールドを信頼してはいけませんよね(笑)。相手もこれまでよりかなり強化されていたし、疑ってかかるべき一頭でした。個人的に次走は買いです。

ミッキーロケット

父:キングカメハメハ 母の父:Pivotal(Nureyev系)

もうちょっと走るかなとは思っていましたが、完全に格不足、決め手不足ですね。平均的キンカメ産駒という感じがします。

ローカルでこそのタイプでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)