エリザベス女王杯2018の結果と感想



 

実力馬リスグラシューがついにGⅠ馬に

2018年11月11日に京都競馬場で行われた第43回エリザベス女王杯(GⅠ、芝2200m)を振り返ってみたいと思います。

今年は牝馬クラシック三冠を達成したアーモンドアイ(父ロードカナロア)や昨年の秋華賞馬ディアドラ(父ハービンジャー)などが出走しなかったのは残念でしたが、実績のある牝馬が軒並み出走してきて予想は中々難しかったですね。

レースは昨年このエリザベス女王杯を制したモズカッチャン(父ハービンジャー)が一番人気、二番人気は絶好調ルメール鞍上ということや、大崩れがなくまだ底を見せていなかった三歳馬ノームコア(父ハービンジャー)でしたが、レースを制したのは三番人気で”マジックマン”モレイラ鞍上のリスグラシュー(父ハーツクライ)でした。

スポンサーリンク


 

 

事前予想

今回はあまり検討する時間もなかったのですが、非根幹距離ということもあり、ヨーロッパ型の血統に注目して予想を行いました。

出走馬中、ハービンジャー産駒とステイゴールド産駒が四頭ずつしていたのも、個人的には注目でしたね。

◎ モズカッチャン
〇 カンタービレ
▲ ノームコア
△ クロコスミア
△ レッドジェノヴァ
× フロンティアクイーン
× アドマイヤリード
× リスグラシュー

エリザベス女王杯2018予想と出走馬の血統分析

さてそれでは詳しく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク


 

第43回エリザベス女王杯(GⅠ)の結果

2018年11月11日 京都競馬場 芝2200m 良馬場

1着 リスグラシュー × 2分13秒1
2着 クロコスミア △
3着 モズカッチャン ◎
4着 レッドジェノヴァ △
5着 ノームコア ▲
6着 カンタービレ 〇
7着 フロンティアクイーン ×
14着 アドマイヤ―リード ×

レースラップ

12.3 – 11.2 – 12.912.7 – 12.3 – 12.512.5 – 12.0 – 11.611.411.7

※今回は時計があまり出る馬場状態ではなかったので12秒を切るとハイラップ、12秒5以上でスローラップと判断しました。また2F目は必然的に速くなるので基準を1秒下げています。

1000m(5ハロン)ごとの対比だと

前半61秒4 後半59秒2

スタッツ上ではややスローペースで後半勝負の展開だったと言えます。

レース内容

レースはクロコスミアが引っ張り、それをミスパンテールやプリメラアスールが追いかける展開となりました。ノームコアなども軒並み好位につけて戦前の予想通りの展開だったと言えますね。

ペースも予想通りのスローでしたが前目につけてペースを落としたいクロコスミアやノームコアにとっては絶好の展開でしたし、有力馬も比較的自在性が高い馬が多かったのも幸いして道中は各馬動きもなく落ち着いた流れでした。恐らくこのペースで割を喰ったのはアドマイヤリード陣営だけでしょう。

レースが動いたのは4コーナー手前からで各馬が動き始めましたが、前半に先行馬が楽をできたせいもあってか前が止まりません。

モズカッチャンも伸びてはいるものの抜け出す脚がなく、他の先行馬もほぼ脚色が同じになり、そこに残り1ハロンから中団につけていたリスグラシューが一頭だけ別の伸び方を見せて差し切る形となりました。

二着クロコスミアは上手く粘りこんだ形でした。

スポンサーリンク


 

レースの感想

最後はスタミナの差が出た

難しいレースであり、事前予想では”見”に徹したほうがいいとかきましたが、意外と予想どおりに収まりましたね。

モズカッチャンは勝ちきれない可能性があったのも予想どおりでしたし、クロコスミアの好走や人気馬中心だったとは言え、7着までの馬にはしっかりと印をつけることができていました。

予想外と言えば、リスグラシューが”勝ちきった”ことぐらいでしたね(笑)。

結果的に前目につけていた有力馬がほとんど上位に来ているので、最後は決め手の差がでたように感じますし、モズカッチャンやアドマイヤリードあたりの上りタイムが結構かかっているのを見ると思った以上にパワーがいる馬場だったのかなという感じがします。

だからペースも時計ほどスローではなかったのかもしれませんし、最後の1ハロンで前に行った馬が止まっていたので、リスグラシュー一頭だけ弾けたように見えたのでしょう。

元々はマイルを中心に活躍していたリスグラシューですが、血統的にはヨーロッパ型のスタミナ血統でありこの潜在的なスタミナに助けられたのではないかと分析します。

逆にハービンジャー産駒は四頭とも若干詰め切れませんでしたが、ヨーロッパ型とは言っても元々はスピード型の血統でスタミナを強化してきたタイプ。最後踏ん張りが効かなかったのもこのあたりの差がでたのではないのでしょうか。

有力馬の分析に関しては下で行います。

馬券的反省

あとですね・・・

馬券的には三連複なども的中したんですが、若干マイナスでした(ナゼ?・・・w)

いやー菊花賞も三着馬までしっかり予想で来ていたんですがこのレースもマイナスでしたし、最近三連複を研究中で手を広げすぎて馬連の比重が低くなり、馬券的に下手くそになっています(笑)。

GⅠ予想のほうは絶好調なんですが、ホント買い方を考えないといけません。

て言うか、三連複やめるだけでいいんですがね。

スポンサーリンク


 

気になった馬と今後の注目馬

リスグラシュー

世間的には”モレイラマジック”とかいうメディアもあるのですが、まぁたまたまでしょう(笑)。

元々の主戦である武豊騎手だろうが、ルメールやデムーロなど有力ジョッキーが載っていても同じ展開、枠であれば同様の結果になったと思いますし、進路どりなどは特別難しいレースではなかったですよね。

あとダメ出しをするわけではないですが、直線のパトロール映像なんかを見ているとリスグラシューは思いっ切り内にぶっ飛んでいっており、結果的には内から何もこなかったのが幸いしたと言えます。もし何かが来ていれば進路妨害や立て直す必要もあったでしょうし、今回はこのあたりの運にも助けられたのではないのでしょうか。

リスグラシューそのものに関しては僕も前から応援していた馬なので勝ったのはうれしかったし、勝たれて納得の馬なんですが、勝ちきったのは本当に予想外でしたね。

いかにもハーツクライ産駒らしい一生に一回の激走という印象でした。

たしかこれでハーツクライ産駒の京都競馬場でのGⅠは初勝利となりますが、こういったスタミナが要求されるような芝状態だとやっぱり結果を出しますね。

もしかしたら来年あたりには引退で、あとどれぐらい走るか分かりませんが、本質的、気性的にはやっぱりマイルでこその馬でしょうね。

次あたりはちゃんと出遅れそうです(笑)。

モズカッチャン

見せ場がなかったですね。なんとか三着死守したという感じですし、やっぱり三か月ぶりの実戦というのは大きかったという印象です。

ただ、本来の力が出せればもうちょっとピリッとした走りができたと思うと同時に、実力的にはこんなもんという感じはしますね。

戦前の予想でも書きましたが、本来は善戦型の馬で、勝負どころではいい脚を使えるものの、最後まで伸びるタイプではないので、この結果は必然とも言えます。

もしかしたらちゃんとしたローテーションを取っていても二着が限界だったのではないのでしょうか。

クロコスミア

昨年の二着馬も近走ぱっとしないということで九番人気でした。

ただ僕はこの馬がゴールドシップタイプと見て条件さえはまれば走ると思って△をつけていましたが、昨年に引き続いての二着に来てくれました。この部分だけはちょっとだけ鼻高々です(笑)。

あと、あまり賞賛する声はあまりありませんが、今回は鞍上の岩田騎手がよく乗りましたね。

うまいこと自分のペースにもちこんで、最後は後続馬を引き付けるというよりも、自分のタイミングで抜け出したという感じで、馬の力を信じて強者の競馬をした感じです。

やっぱり岩田騎手は死んだふりという乗り方というよりもこういう乗り方のほうが結果がついてきますね。

次走クロコスミアは人気しそうですが、条件を選ぶ馬なのであまり人気しすぎると危険な香りはしますね(笑)。

カンタービレ

先行しての六着でした。僕の馬券的な失敗はこの馬を重視しすぎたせいです(笑)。

安心と信頼のディープインパクトとデムーロが五番人気は美味しいと見ての〇だったんですが、やっぱり少しトリッキーなレースになりがちなエリザベス女王杯にディープ産駒はあまり合わないのかもしれませんね。

あとGⅠ級のディープインパクト産駒だったらもうちょっと見せ場もあったでしょうし、よくいるGⅡ、GⅢで強くてGⅠで前走するも詰め切れないタイプなのかもしれません。

次走、距離短縮や阪神競馬場、時計が出やすい馬場で上積みはありそうです。

レッドジェノヴァ

事前の予想では未知の魅力から△をつけましたが、”全体的には決め手やスピードというよりも、馬の格で判断するようなタイプ”と言っていたとおりの結果になりましたね。

本来条件的には上りが速くなり過ぎず理想的な条件でのレースだったような気がしますが、こういったタイプは格下相手にしっかり勝って強い相手にはしっかり負けるタイプと見て間違いないでしょう。

あと格下とのレースで取りこぼすとすれば、切れ味勝負になった時でしょうね。

これからも相手なりに走りそうな気がしますが、GⅠでは切って旨味のある馬でしょう。

ノームコア

僕は絶好調男ルメールが鞍上ということで本来は×ぐらいのところを単穴の▲で指名していたんですが、やっぱり人気し過ぎですよね。二番人気はやっぱり買いかぶり過ぎでしょう。

戦績を見ても紫苑ステークス(GⅢ)を勝っただけだったわけですが、よく見るとこのレース、一着はGⅠで数度の二着がある実績馬、二着は昨年の二着馬、三着は昨年の一着馬であり他にGⅠでの実績があるのはスマートレイアーとアドマイヤリードという簡単なレースだったんですよね。

もしかしたら競馬初心者の方はあっさり馬券を取っている可能性もあるような気がしますね。

これから強くなる可能性はありますが、結果的にはハービンジャー産駒にありがちなGⅡやGⅢでは好走するけど、GⅠでは少しだけ詰め切れないタイプなのでしょう。

今の段階ではディアドラやモズカッチャンよりは格下と見ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)